【脱サラ/ネットビジネス】月収100万円超えの5人で対談〜どうやって達成したか?〜1

最終更新: 2019年3月10日


https://youtu.be/bX-L9p9F31Q

※2倍速でご覧ください。 >>2倍速で見る方法はこちらをクリック<< 宮下君:はい、どうも、宮下です。


今日はですね、月収を100万、先月ですね、副業で稼いだアカネさんとですね。




アカネさん:はい。




宮下君:元インストラクター。




稲見:ヨガです。




宮下君:ヨガのインストラクターだったななぴーなんですけど、ななぴーも月収100万。




ナナコさん:はい。




宮下君:もともとアパレルのショップ店員の白倉君。




白倉君:はい。




宮下君:と、そのリーダーの稲見さんと一緒に動画撮っていくんですけど、今回のこの動画で話す内容としては、月収100万をどうやって稼いでいったのかとか、あとは今まで皆すぐ100万稼げたわけじゃなくて、結構実はちょっと時間かかったりもしたんですよね。




稲見:そうですよね。




宮下君:稼ぐ前と稼いだ後の変化というかなんで稼げたのか、その理由ですよね。


稼げた理由を聞いていったりとか、あとは稼ぐまでの過程で悩んだりとか苦しんだりしたと思うんですけど、そのへんの話をちょっと聞いていこうかなと思います。


ということで、じゃあよろしくお願いします。




複数:お願いします。




宮下君:まずはじめに聞きたいのが率直な僕、100万を稼いだ感想というか稼いでみてどう思ったかを聞いてみたいんですけど、じゃあ順番にアカネさんから聞いていきましょうか。


どうでした?実際。




アカネさん:単純に嬉しかったです。




宮下君:嬉しかった?




アカネさん:達成感の嬉しさ。




宮下君:なるほど。


100万稼ぐ前って100万稼ぐっていうのはどういう印象で思ってたんですか?




アカネさん:いけたら嬉しいけど、私には無理だろうなっていう。




宮下君:へー、そう思ってたんですか。




アカネさん:私なんかがいけるわけないから、みたいな。


いきたいけど。




宮下君:嬉しかった以外に何かないですか?


意外と難しかったとか簡単だったとかね、あるじゃないですか。




アカネさん:辛かったです。




宮下君:辛かった?




アカネさん:辛かったです。




稲見:そうですね。


毎晩泣いてたって言ってましたね。




宮下君:そうなんですか。




アカネさん:はい。




宮下君:毎日?




アカネさん:追い込まれた最後の10日間ぐらい。




宮下君:へー。


なるほど。




アカネさん:はい。




稲見:このままじゃいかない、みたいな。




宮下君:なるほどね。


100万稼いでる人を見るじゃないですか。




アカネさん:はい。




宮下君:それまで見てたと思うんですけど、じゃあどうですか?


想像ってしてました?


そういう苦しいとか、辛いとかどうなんですか?




アカネさん:あー。


苦しい、辛いところあったんだろうなと思ったんだけど、それを乗り越えないとやっぱり皆さん強いから、私ももっと強くならなきゃってみたいなのは思ってました。




宮下君:なるほど。


でもまあ、よかったっていう。


嬉しいっていうのが強かったんですね。




アカネさん:そうですね。




宮下君:なるほどね。


やっぱ100万稼いで嬉しいのはお金が100万位稼いで増えたっていう嬉しさってよりかは、どっちかっていうと乗り越えたとか辛い経験をしてそこを自分で今までできなかったことをできるようになったとか、そういうほうの嬉しさのほうが強いって感じですか?




アカネさん:そうですね。




宮下君:やっぱそうですよね。


普通に考えて。




アカネさん:乗り越えて。




宮下君:なるほど。


実際どうですか?


ななぴーとか、あと白倉君は。


まあ、ななぴーから聞きましょうか。




ナナコさん:そうですね。


やっぱ本気になったらいけるんだっていう感じはありました。




宮下君:本気になったらいけるんだ。




ナナコさん:先月ずっといきたいなとは思ってたんですけど、本気になれなかったんです、正直。


50万、物販のときいくときってやっぱ本気だったんですよね。


ただ辛いからやりたくなかったんです、辛いことをまた。




宮下君:なるほどね。




ナナコさん:っていうのが自分の中であったんですけど、ラスト10日ぐらいのときにやっぱり100万いきたいなって思うようになって、このままだといけるなっていう感じがあったんです。


自分の中でイメージできてて、頑張ろうと思って本気でやるようになったんです。




宮下君:なるほどね。




ナナコさん:そしたらやっぱいったし嬉しいなっていう。




宮下君:嬉しかったですか?やっぱり。




ナナコさん:嬉しかったです。




宮下君:なるほどね。


長かったんですもんね。


いけなかった期間がね。




ナナコさん:そう、長かった。




宮下君:まあ、そういうところが。


物販で50万稼いだ経験もあったから、逆にまあ、同じことを情報発信でもやっていったっていうことですかね。




ナナコさん:そうです。




稲見:1年かかりましたね。


情報発信始めてから。




ナナコさん:そう、1年は。




稲見:9月から始めて9月にアカネちゃんと出会いがあって。




宮下君:そっかそっかそっかそっか。




ナナコさん:そうなんです。




宮下君:面白いですね。




稲見:そこから移住して、11月に。




ナナコさん:ゆるゆるとずっとやってて。




宮下君:なるほどね。


じゃあそのきっかけとか、あとは稼ぐって決めていけたって言ったんですけど、具体的に行動どう決めたかっていうのはまた後ほど聞くとして、とりあえずまあ、私には余裕だったっていう。




稲見:本気出せば余裕だったと。




宮下君:いけるって決めたらまあ余裕だったな、みたいなね。




ナナコさん:いやいや、何かすごい?(05:11)感じになってる。




宮下君:まあ、後ほどちょっと聞いていくとして、どうでしょう、白倉君。




白倉君:えっと、そうですね。


達成した夜はめちゃくちゃ嬉しかったです。




宮下君:嬉しかったですか?




白倉君:本当に嬉しかったです。




宮下君:白倉君も長いよね?




稲見:長い。




白倉君:めちゃくちゃ長かったです。




宮下君:1年以上?




白倉君:1年以上です。




宮下君:前から言えばもっと前だよね。




白倉君:ヤマトさんのところで学び始めたのが2016年の11月なんです。




宮下君:2年前か。




白倉君:丸2年前。




宮下君:2年は長いね。




稲見:長かったですね。




宮下君:ねえ。


一方で一緒に始めた人とかでね、100万稼ぐ人とか見てきてるわけですから。




稲見:そう。


バンバン出てきましたからね。




白倉君:そうですね。




宮下君:なるほどね。




白倉君: はい。




宮下君:でもいきましたね。




白倉君:いやー、やっといきました。




宮下君:おめでとうございます。




白倉君:ありがとうございます。




宮下君:3人ともですけどね。素晴らしい。




複数:ありがとうございます。




宮下君:稲見さん的にも嬉しいですか?




稲見:めちゃくちゃ嬉しいですね。




宮下君:嬉しい。




稲見:そこはやっぱり。




宮下君:一気に3人ですもんね。




稲見:そう。




宮下君:あんまいないですもんね。


一気に3人バーンッとね。




稲見:そうですね。


本当そうですよ。


最初に大野君がいって、次にまあ、ちょっと次に違うところですけどアヤさんとかユウタさんで、そこからちょっと期間空けてこの3人。




宮下君:確かに。


稲見さんは結構100万稼いでる人育ててきてるというか、関わって見てきてますからね。


なるほど。


でも100万いく人っていくじゃないですか。




稲見:はいはい。


そうですね。




宮下君:ある程度ちょっとしたアドバイスでいっちゃう人はいくじゃないですか。




稲見:確かに。




宮下君:勝手に自分でというか。


でも今回変な話この3人。




稲見:長いですもんね。




宮下君:なかなか。




稲見:普通それまでに諦めちゃう人多いから。




宮下君:なかなかね、到達しないなみたいな感じの3人が、ピョコンッて跳ねたと思うんですけど、それもあとでね。




稲見:そうですね。




宮下君:なぜいけたのかっていう理由をね、ちょっと聞きたいんですけど。


まあ、あとは気になるところとしては、どうやって100万稼いだの?っていうところだと思うんですよね実際に。


まあ、どうやってっていうのは何ていうんですかね。


理由の部分のが強いです。。


まあ、情報発信で皆さん100万稼いだんですけど、営業だったりをして稼いでいっていったわけなんですけど、何で100万にずっといけなかったところからいけたのかってところを聞いていきたいなと思うんですけど。


その違いです、変化。


1人ずつ聞きましょうか。


どうでした?


アカネちゃんの場合は。




アカネちゃん:私は単価の高いものを売ったこと。




宮下君:単価を上げた?




アカネさん:はい。




宮下君:なるほど。


じゃあ今までと変わったのは単価を上げただけ?




アカネさん:それと私も本気になったからです。




宮下君:本気になった?


なるほど。


その2つが大きな理由ですかね。




アカネさん:はい。




宮下君:なるほどね。


じゃあまあ、1つ1つちょっとだけ掘っていくと、単価が上げたからっていうのはまあ、実際単価は上がったから数は、やってることはそんなに変わらない?




アカネさん:そうですね。




宮下君:やってることは一緒だった?


なるほどね。


単価を上げるっていってもね、でも単価上げれば普通にいきやすくはなるか。




稲見:もちろんなりますね。




宮下君:本気になったっていうのは何だったんですか?


きっかけか何かあったんですか?




アカネさん:きっかけはナナコさんなんですけど。




宮下君:え?




アカネさん:最後10日間ぐらいで「一緒に100万達成しましょう」って言われて、

「罰ゲームとご褒美決めましょう」って言われて。




宮下君:へー。


何だったんですか?




アカネさん:えっと、ご褒美はブランドのバッグを買う。


罰ゲームはタランチュラを食べる。




稲見:新宿にあるんです。


中華料理屋さんで食べられるところがね。




宮下君:それが絶対嫌だったんですね?




アカネさん:そうですね。


私は「一緒にいきましょう」って言われたことと、「私が副業で100万いけば新しく始めた人も勇気づけられるから」って言われたのがすごく響いて。




宮下君:なるほどね。


そうですよね。


初ですよ。




稲見:初。




宮下君:副業で月収100万稼いだっていう人がいなかったんで、過去、本当に。


僕も2,000名近くいろんな生徒さんとかいたりするんですけど、もしかしたら僕の知らないところで。




稲見:いるかもしれないですけどね。




宮下君:ひっそりいるのかもしれないけど、僕の知る限りやっぱり本業でがっつりとお仕事をしながら100万稼いだっていう人があんまりいなかったので、それも何かすごいですよね。




稲見:すごい。




宮下君:多分苦労話とかもいっぱいあると思うんですけど、そのへんまあ、また追々別で聞こうかなと思うのですけど、まあ、じゃあきっかけは自分のビジネスパートナーさんというか自分の師匠?


師匠?


まあ、いっか、何でも。


きっかけをくれた人でもありますからね。


いい仲間っていう感じだと思うですけど。




稲見:先輩。




宮下君:の、一言で絶対いくみたいな感じだったんですね。




アカネさん:はい。




宮下君:どっちが先に100万いったんですか?




アカネさん:私です。




稲見:そうそうそうそう。




アカネさん:そうなんですよ。




稲見:だからってところあります。



ナナコさん:そうそう。やばいです。




宮下君:ちょっとやばいね。




アカネさん:そうなんですよ。




宮下君:いくって決めていっちゃったから。



ナナコさん:「本当いったわ」と思って、やばい、本気になんないと、と思って。




稲見:そこでやっと本気になったんですね。




宮下君:あ、そこで本気になったんですか?




ナナコさん:本気になったんです。




宮下君:なるほどね。

</