副業探しなら?月収◯◯◯万円のこの方に教わるのはいかがでしょう?/副業・脱サラ・起業

更新日:2019年7月27日


https://youtu.be/nWK0IC47a3g

※2倍速でご覧ください。 >>2倍速で見る方法はこちらをクリック<< 稲見:今、月にどれぐらい?




磯部さん:今、900万ですね。




ナナコさん:おー。




稲見:月収でですね。




磯部さん:月収。




ナナコさん:すごい。




磯部さん:関わっていくうちに、好きになっちゃいましたね。




稲見:あー。


それはお互いさまです。




稲見:こんにちは、稲見です。




磯部さん:磯部です。




ナナコさん:ナナコです。




稲見:はい。


今回はですね、私たちの運営している物販のコミュニティでコンテンツホルダーを務めていただいてる磯部さんのご紹介をしたいと思います。




磯部さん:よろしくお願いします。




稲見:よろしくお願いします。




ナナコさん:お願いします。




稲見:はい。


ということで。




磯部さん:はい。


ということで、磯部さんってどういう方なのかっていうのをちょっとうかがっていきたいんですけども、まずすごいのが実績ですね。


実績の部分をお伝えしたいんですけども、今、月にどれぐらい?




磯部さん:今900万ですね。




ナナコさん:おー。




稲見:月収でですね。




磯部さん:月収で。




ナナコさん:すごい。




稲見:売り上げでいうともっとたくさんということなんですけども、どんな形で稼いでるのかっていうのも若干うかがいたいんですけども、そもそも今回の動画では磯部さんってどんな人なのかっていうのをうかがいたいとな思います。




磯部さん:はい。




稲見:この実績だけ聞くと、何なんだ、それはっていう感じなんですけども、元々どんな方なんですか?


どうしてそういうふうになっていったんですか?




磯部さん:元々声優をやってて、それで4年間月収6万円だったんです、ずっと。




稲見:4年間月収が6万円。




磯部:そう。


いって、いいときで6万なんで。


すごいそれだけじゃ生きていけないじゃないですか。


だから借金もして、ずっと月収6万で働いてて辛いじゃないですか。




稲見:辛いですね。


生きていけないですね。


家賃とかね。




磯部さん:そう。


無理だなと思ったんで、僕はネットビジネスを1本で生きていくっていう、いきなり何の実績も無いのに仕事辞めてビジネス始めたんです。




ナナコさん:おー。




稲見:しかも6万円っていうのもすごいですけど、さぼって6万円じゃないじゃないですか。




磯部さん:はい。




稲見:どれぐらいやってたんでしたっけ?




磯部さん:毎日睡眠時間多くて4時間。


普通2時間。




ナナコさん:へー。




稲見:それを4年間ですよね。




磯部さん:そうですそうです。


勉強とかもずっとやってましたね。




稲見:へー。




磯部さん:とにかくうまくいかなかったので、本気でまじになって。




稲見:ふーん。




磯部さん:基準値は高いです。




稲見:基準値は高いですね。


よく言われますもん。


ブラック企業に働いてる人について。




磯部さん:ブラック企業って言うんですけど、寝れるからいいじゃんって。


20万ももらえて何言ってるんだろう。




ナナコさん:6万。




稲見:こっちは方や、2時間4時間ぐらいで、それで6万。


それを4年間やってこられて、そこで物販をやってみようということで、試行錯誤をしてどんな感じで実績を出されたんですか?




磯部さん:初月から10万いったんです。




稲見:おー。




ナナコさん:おー。




磯部さん:そのまま売れてるアカウントパクるっていうのがやってたので○○のSEのエンジニアの人がいたので。




稲見:幼なじみでね。




磯部さん:そうです。




稲見:いるんです。




磯部さん:全く同じモノを作って利益を出すっていうのをやってたんです。




稲見:あー。


やっぱりビジネスのポイントとしては、カンニングができるというか、うまくいってる人のまねをして自分に取り込んでいって、応用していくっていうことですよね。




磯部さん:そうです




稲見:それをやっていったら初月で10万。




磯部さん:そうです。




稲見:ほほう。




磯部さん:2カ月3カ月目は普通にアカウントを増やしたりとかしたんですけど、外注さん。




稲見:そうですよね。




磯部さん:そうです。


それで50人雇って。




稲見:それもすごいですよね。




磯部さん:全然。


それも今までの従来の外注さんたちとは違って、普通外注さんって単純作業させるってイメージがあるじゃないですか。




稲見:そうですね。




磯部さん:そうじゃなくて、僕らも利益半分折半でいいんで、丸々仕事を僕のやってること。




稲見:教えたと。




磯部さん:教えたんです。




稲見:磯部さんのコピー人間を作るみたいな感じですね。




磯部さん:そうです。




ナナコさん:おー。




稲見:それはいいですよね、相手としても。




磯部さん:なので、普通ランサーズとかクラウドワークスもそうなんですけど、やっぱ地味なんですね、募集してる内容が。




稲見:うん。




磯部さん:1出品いくらとか10円とか。




稲見:そうですね。




磯部さん:そうじゃなくて本気でやってくれたら、20万とか30万手に入りますよっていうような募集で僕は夢を売ってきたんです。


そしたらめちゃくちゃ人来て、っていうことなんですよね。




稲見:なるほどなるほど。


そこで月収で言うと700万超えたぐらいのときに、出会って、これはと思ってくどいて、ぜひうちのコミュニティーで講師をやってくださいっていうか、今ではもう運営メンバーとして、一緒にやっていただいてるほどの●(04:37)たんで、紹介させていただいたっていう形ですね。




磯部さん:そうですね。


僕も何件かお話ももらったことがあるんです。




稲見:やっぱり。




磯部さん:そうです。


でもここに決めたのは全く本当に迷わなかったです。


稲見さんに聞いて「あっ」て。




稲見:めっちゃ嬉しい。




磯部さん:だから生徒さんファースト。




稲見:あー。




磯部さん:生徒さんの満足度最優先でっていうところで、本当に真面目に副業の塾なんだなって思って、それだったらぜひよろしくお願いしますっていう。




稲見:ありがとうございます。




磯部さん:はい。


リーダーとしてすごく尊敬しているので、僕はやっぱり地味に●(05:14)。




稲見:いえいえいえ。




磯部さん:人を上手にまとめるとかって、こういう人なんだって、すごい勉強になります。




稲見:最初なんて無料で、出し惜しみなくやっていただいて、本当に実力あるんだなって言うのが分かって、本当に。



磯部さん:関わっていくうちに好きになっちゃいました。




稲見:それはお互いさまです。


本当に。


これからは旅行とかもね。




磯部さん:はい。


ぜひぜひ。




稲見:楽しんでいきたいなって思ってます。




磯部さん:はい。




稲見:ということで、磯部さんのご紹介でした。




磯部さん:はい。




稲見:どうもありがとうございます。