元教師も暴露!月収100万円を8人生み出したプロデューサー稲見の◯◯なところ/副業・在宅・ネット


※2倍速でご覧ください。 >>2倍速で見る方法はこちらをクリック<< <稲見>

こんにちは、稲見です



<大野くん>

こんにちは

大野です



<稲見>

大野くん、はい

とゆうことで

今回ですね

私と関わって

月収100万円を

突破した人、に

稲見のこと

どう思ってもらってるのか

っていうのを

聞くっていうですね



<大野くん>

おーーーーーーーーー



<稲見>

こんなん興味あるのか?

ってゆうところありますけど

なんでこういう動画を

撮ろうかと思ったか?

この見てくださる方

どーなるかっていうと

今 脱サラしようかな とか

まで いかなくても

副業しようかな

って思ってる方

結構いると思うんですよね



<大野くん>

いますね、はい



<稲見>

そう

そんな方に

あ、この人と

関わったら

月収100万円

目指せんのかな?

なのか

それとも

5万10万稼げるように

成れればな

ってゆう人とかですね



<大野くん>

うんうん



<稲見>

教わる人って

結構大事だと

思うんですよね



<大野くん>

そうですね



<稲見>

そう

相性だったりとか

私の人柄だったりですね



<大野くん>

うんうんうん



<稲見>

ね、ま、そういったところを

で、ま、相性

合わなそうだったら

もうすぐに

消してもらえればいいし

もしくは

相性合いそうだな

と思ったら

いろんな動画も

まぁ、直接問い合わせて

いただければな

っていう形ですね

はい、ということで

えー、よろしくお願いします



<大野くん>

お願いしまーす



<稲見>

では

大野君なんですけども

簡単な自己紹介

いただいていいですか?



<大野くん>

大野眞輝です



<稲見>

はい



<大野くん>

今、33歳で



<稲見>

うん



<大野くん>

元々は小学校の先生です



<稲見>

うんうん



<大野くん>

7年してて



<稲見>

うん、超優秀でしたね



<大野くん>

いやいやいやいや

ありがとうございます

否定はしません

で、あのー

その後会社員やって

2年間やったんですけど

ま、会社員は向かないぞと

もうわかったんで、はい



<稲見>

ねー向かないよねー

マサキはね



<大野くん>

あ、そうですか

そこも否定しません

でなんかそれで

脱サラして

稲見さんがやってる

その物販の塾

にー入って

お世話になってですね

でーそれでー

結果が取れるようになった

ってゆう、そんな感じの

経緯です



<稲見>

いつだっけ?

2017年11月ぐらいに

塾に入って



<大野くん>

そうですそうです



<稲見>

それは、まぁ、僕も

生徒として入った塾の

僕が先輩で後輩みたいな

形で、ね



<大野くん>

あ、そーですね



<稲見>

実績者として

あのー事務所に来てたんで

ま、ちょっと教えてた

経緯もあって



<大野くん>

そーです

めっちゃ怖かったっス



<稲見>

怖かったよねー



<大野くん>

怖かったですねー



<稲見>

わっかんないけど

そか、そこら辺もちょっと

話してもらいたいんだけど



<大野くん>

あーオッケーです、はい



<稲見>

ま、その後に

ま、優秀すぎて

1週間で1万いったよね

1日1万



<大野くん>

あ、そーですね

そんぐらいで行きましたね



<稲見>

行ったよね、そう

こーれは絶対もう

優秀だから

ツバ付けとこーと思って

で、自分がね、その

物販のコミュニティを

やっていたので

そこで、まぁ、声かけて

ラブコール送って

来たっ、ていうね

で、まぁ最初はちょっと苦戦

まぁ、どうしてもした

っていうところはあったけど

ポンポンポンっていって

何ヶ月で



<大野くん>

あーーーーー

100万っスか?

脱サラして5ヶ月ですね



<稲見>

脱サラして5ヶ月か

てことは一緒にやり始めて

3ヶ月くらいってことですね



<大野くん>

そうですね



<稲見>

ポンポンポンっていった

ですよね

で、ま、優秀すぎて

そのー夏ぐらいに

卒業しまーす

自分でビジネスやります



<大野くん>

確かに



<稲見>

不動産のね、方で



<大野くん>

はい、そうですね



<稲見>

すごい興味があって

そっちの方でご自身で

やってってる、けど

もー今でも

すごい良い付き合いを

させてもらって



<大野くん>

はい、お陰様で



<稲見>

本当にね

プライベートも色々、ね

相談してもらったりも

あったりも

色々あるし

こっちとしても、もう

優秀なんで

ビジネスのこと

逆に教わったりとか

するような仲

なんですけども



<大野くん>

はい



<稲見>

そんな

あー、マサキって呼ばせて

言わせてもらいますけども

から

ぶっちゃけ稲見の



<大野くん>

はい、はい



<稲見>

そーだな、その

さっきもちょっと

出て来たんですけど

いーところとか

強みとか

これは嫌なところ

嫌いなところ

弱みとか

そのー

見てる人が



<大野くん>

うんうんうんうん



<稲見>

まぁ、誰かに教わりたい

多いと思うんですけども

ま、この人だったら

お願いしたいな

それとも他の人

見た方がいいなって

思うような

情報を提供できれば

と思ってるんですよね



<大野くん>

なるほど、オッケーです



<稲見>

という意味で

なんかあります?



<大野くん>

まず第一印象は

さっきも言ったんですけど

恐かったです



<稲見>

ねーー

そー思われちゃうんですよ



<大野くん>

もーーー

恐かったですね

なーんかですねー



<稲見>

なんででしょう?

悩み



<大野くん>

その当時の

格好がですね

なんか革ジャンみたいなの

着てて



<稲見>

捨てたそれ



<大野くん>

頭尖ってんすよね

髪型尖ってる

昔の方が尖っ

尖ってたんじゃないかな

っていうくらいの感じがして


<稲見>

尖ってるね、まーね

今丸くなりました?



<大野くん>

ちょっと丸くなりましたね

なんかね

なんだろうな、その

事務所僕がお邪魔しに

行った時にやっぱ恐くて

なんだろう、ま

こういう目標で

やりたいですってことを

お話ししたら

いや、もう、じゃ、これと

これとこれ

これとこれ

全部終わらせないと

寝なくていいからね

みたいななんか

超こえーーと思って

もうなんか、 血眼になって

あの、物販やった記憶が

ありますね



<稲見>

でね、思った以上に

結構な、その、ね

やることを

用意したのに

ペロッと

20時くらいに

たいらげちゃって



<大野くん>

だって恐いんスもん



<稲見>

そんな早く終わる?

と思って



<大野くん>

いや、 別に恐かったから

ッスよ

恐怖恐怖、はい



<稲見>

しかもね

いやいやいや

なんか美味しい料理も

作ってくれたりとかしてね



<大野くん>

あーーそーっすね、はい



<稲見>

覚えてますよ



<大野くん>

うん、楽しかったっすね



<稲見>

楽しかったね



<大野くん>

はーい

それがね、第一印象

だったんですけども



<稲見>

はいはいはいはい



<大野くん>

なんかこう、お付き合い

する中ですごい変わった

というか、そのー

印象が変わりました

すごく



<稲見>

へー



<大野くん>

なんか熱い人だなって

のは感じてたんですけど



<稲見>

うん



<大野くん>

このじょ、情にモロイ

人なんだなぁっていうのは

すごい感じて



<稲見>

あーーー確かに



<大野くん>

結構 僕 多分

そのービジネスしてから

なんだろう、泣く機会

多かったんスよね



<稲見>

あーーーーー



<大野くん>

大体泣いてる時って

稲見さんいるッスよね



<稲見>

そして稲見も泣いてる

みたいなね



<大野くん>

そうそうそうそうそう



<稲見>

確かにねー



<大野くん>

大体、あの、なんか

麻布十番のなんでしたっけ

ラ・ボエムかなんかで



<稲見>

ラ・ボエムあたりとかね

ミロク、とかね



<大野くん>

あ、そうッスねーあの辺で

なんか泣いてるんスよね



<稲見>

泣いてましたね



<大野くん>

ってゆーのが、なんか

4,5回思い出すんですよね

色んな色んなことが



<稲見>

そ、確かに

ね、1回、だけじゃ

ないもんね



<大野くん>

1回だけじゃないッスね

そんで、ま、あの

一晩で大体

2,3回泣きますからね



<稲見>

あー確かに

あ、思い出し泣き、みたいな

そう

そうそうそう

違う店行って泣き



<大野くん>

あ、そうそうそうそうそう

なんでなんか

そういうなんか情がある

方だな、ってのは

すごい感じるんで



<稲見>

なるほどなるほど



<大野くん>

僕はなんかこう

困ったこととか

ま、ビジネスでも

そうですけど、やっぱ

プライベートでも

困ったことはいっぱい

ありますんで

はーい



<稲見>

そうだね



<大野くん>

なん なんでそういう時は

もう稲見さんにすぐ相談に

行きます!



<稲見>

もうビックリすることも

あるからねー

相談すんの?みたいな



<大野くん>

確かに

ま、いっぱいありますね



<稲見>

嬉しいですけどね

逆にそこまで、みたいな



<大野くん>

あ、はい



<稲見>

相談する?みたいな



<大野くん>

そうスね、多分僕、あんま

相談できるタイプ

じゃないんスよ



<稲見>

確かに、しなそう



<大野くん>

はい、はい

多分他の人に

するってのは、ほぼない

んですけど

ま、やっぱその

相談できるってのは

大きいですよね

はーい

行っても多分こう

なんだろ

なんかあった時は

すぐ

ご相談に、みたいな



<稲見>

あーーーそーなの

嬉しいですね



<大野くん>

感じかな、と

思います、はーい



<稲見>

ありがとうございます



<大野くん>

はい



<稲見>

逆になんかあります?



<大野くん>

ないです



<稲見>

ないですか



<大野くん>

はい、はい



<稲見>

と言うことで

ありがとうございます



<大野くん>

ありがとうございます



<稲見>

見ていただいている方も

参考になったでしょうか

と言うことで

あのー

私と関わることでですね

私はまぁ

全てじゃないです

もちろん優秀だったりとか

色々な人の影響を受けて

100万円以上、今だと

300万とかいってんだっけ



<大野くん>

そーですね、はい



<稲見>

いってるような

けども、それっていうのは

まー手前味噌でいうと

環境をね、えー、作って

そういうきっかけを

差し上げることが

できてるからっていうのは



<大野くん>

そーですね、はい



<稲見>

自負があるんですよね

ですから、ま、あとは

この人と、とか

この環境だったら

やっていけそーだなー

みたいな方であれば

ま、いろんな動画を

見ていただきつつも

なんか、あのー

気軽にですね

お問い合わせ

いただければな、と

思って