【Podcast】第39話!日利1万円超え連発!今、物販で稼ぐコツ

更新日:2019年6月20日


https://youtu.be/PnuRvwg8T4c

※2倍速でご覧ください。 >>2倍速で見る方法はこちらをクリック<< 人生を劇的に変える物販LIFE


白倉君:よいしょ。




ニシワキさん:よいしょなんだ。




白倉君:というわけで、今回ですね、日利1万超え連発、今物販で稼ぐコツっていうことで、ラジオ録っていくんですけど、ニシワキさんですね。




ニシワキさん:はい。




白倉君:今日出演していただいてるニシワキさんが。




ニシワキさん:はい、ニシワキです。




白倉君:最近めっちゃ調子よくて、昨日もセミナーで話してもらったんですけど、まあ、すこぶる羽振りがいい。




ニシワキさん:いい感じです。




白倉君:稼いでるので、まあ、そのことについて根掘り葉掘り聞いていきます。




ニシワキさん:ありがとうございます。




白倉君:で、今日のメンバーはニシワキさんと。




ニシワキさん:はい、ニシワキと。




白倉君:あと、一緒にやってるヨッシーさんと、あとユリちゃんですね。




ユリさん:はい。




白倉君:で、お送りしていきます。


とりあえずどうしようかな、ニシワキさんにいろいろ聞いていきたいんですよ。




ニシワキさん:ありがとうございます。




白倉君:最近どれぐらい稼いでるんですか?




ニシワキさん:そうですね、最高日給が1.8万円ぐらいいきましたね。




白倉君:へー。


あれ、2万超えてなかったでしたっけ?




ニシワキさん:2万超えてましたか?




白倉君:2万超えてたじゃないですか。




ニシワキさん:超えてました、ごめんなさい。


嘘っぽくなっちゃった。


超えてます超えてます、はい。




白倉君:なるほど。




ニシワキさん:1.5万円ぐらいはちょっと連続でとれるようになりました。




白倉君:その秘訣っていうのは。


急に跳ねたじゃないですか。




ニシワキさん:跳ねましたね。




白倉君:それはなぜ?




ニシワキさん:ちょっとこれに尽きるかなっていうのは、パートナーさんができたことです。




白倉君:おー。




ニシワキさん:はい。


2月下旬から、このKAITAKUの塾内でも公募をしていただいて、僕のパートナーを。


で、2名応募があったんですね。




白倉君:2名。




ニシワキさん:そこでパートナー組んで、その方たちにコンサルっていうと大げさなんですけど、教えてあげる代わりにコンサル料というか、教えてあげる料ちょうだいねっていうことで、やったのが一番大きいですね。




白倉君:あー。


やっぱりニシワキさん1人の力より、そういうパートナーさんが増えたことで、他力を使ってガッて伸ばすことができたっていう感じですよね。




ニシワキさん:はい。


3人でやってる感じです。




白倉君:3人で。




ニシワキさん:はい。




白倉君:なるほど。


どうでした?


外注化してみて。


最初外注とかパートナーを組むってなったときに、自分以外の人とやるってなったときに、結構困ったこととかなかったですか?


僕、あったんですよ。


信頼関係を作るところとか、僕、元々がコミュ障なんで。




ニシワキさん:そうなんですね。




白倉君:なんか失敗しちゃったりとか、そういうのが出ちゃったりとかするんですよ。


どうでした?


初めてしてみて。




ニシワキさん:僕、どっちかっていうとコミュニケーションよりも稼がせてあげれるのかなっていうほうが不安でしたね。




白倉君:あー、そこの心配ですか。


あー、なるほど。




ニシワキさん:せっかく応募していただいて、僕と時間使って組んで、「なんだよ」って思われるんじゃねーかっていうのが、すげーそこばっか不安でした。




白倉君:なるほど、確かに。




ニシワキさん:そっちのほうが不安でした。




白倉君:あー。


確かに僕もそれあったかもしれない。




ニシワキさん:でも結果、いい感じで行ってるんですけど。




白倉君:なるほど。


いいですね、やっぱ外注化とかパートナー。




ニシワキさん:そうですね。


怖さはあったんですが、やってみるとやっぱりいいこともありますね。


いいことばっかりですね、今のところ。




白倉君:物販じゃないけど、ユリちゃんも最近、外注化しましたもんね。




ユリさん:はい。




白倉君:どうでした?


どうですか?




ユリさん:そうですね。


外注化して、いつもだったら自分でやらなきゃいけないことを他の人に業務を委託できて、自分のやりたいこととかができるようになりました。




白倉君:なるほど。


何やったんすか?




ユリさん:ジム行ったりとか。


そういうのに。




白倉君:いいですね。




ユリさん:はい。




白倉君:確かに。




ニシワキさん:確かに。


1人だとできなかったこともできるようになりました。





白倉君:確かに確かに。


そうなんすよね。


やっぱ限界くるんで、1人の力って。




ニシワキさん:確かに。




白倉君:なるほど。


ありがとうございます。


ヨッシーさん。


ニシワキさんを端から見ててどうでした?




ヨシダさん:そうですね。


最初僕が、「外注化進めたらどうですか?」って言ったんですけど、「うーん」って悩んでましたね。




ニシワキさん:悩んでましたね。




ヨシダさん:僕はもう、「みんなとやりたいから外注さん募集するんですけど、どうしますか?」って。




ニシワキさん:言ってましたね。


よく言われました。




白倉君:へー。




ヨシダさん:3回ぐらい言ってましたね。




白倉君:そうなんですね。




ヨシダさん:3回ぐらい「うーん」って言ってましたね。




白倉君:そうなんだ。




ニシワキさん:まだいいかなみたいな。




ヨシダさん:それで僕も外注化進めてるんですけど、やっぱり1人でやってたときより、すごい楽しいんですよね。


やってるとき。




白倉君:あー、なるほどなるほど。




ヨシダさん:ものすごく。


1人でやってたら、根詰めて、なんていうんですかね、神経すり減らすんですけど、みんなとやってると、教えてる楽しさとかそういうのがあって、やっぱり外注化やってよかったよな、っていうのがありますね。




ニシワキさん:モチベーションもたのもちやすいですよね。




白倉君:たのもちやすい。




ニシワキさん:そこ、突っ込むんだ。


保ちやすくないですか?


1人でやってると浮き沈みあるけど、コミュニケーションとれてると、まあ、何だろう、自分が落ち込んだときも外注さんとかパートナーさんがやるって言ったらやんなきゃ、みたいな、必然なりますね。




ヨシダさん:そうそう。


それでまた感謝されますよね。




ニシワキさん:それもいいですね。




ヨシダさん:ありがとうございます。




白倉君:嬉しいですよね。




ヨシダさん:めっちゃ嬉しいですね。


それが糧でやってるような感じですね。




白倉君:ちなみにどういうときに落ち込むんですか?




ヨシダさん:僕もそれは分からないです。




ニシワキさん:僕1日1回は鬱になりますけどね。




白倉君:えー。




ユリさん:それは意外。




ニシワキさん:ならないんですか?


1日の中でなりませんか?




ヨシダさん:そういうときに外出したりしてるんですか?




ニシワキさん:そう。


散歩行きます。




白倉君:あー、散歩行ってるときはそういう時間なんですね。